きょうの動意株

大倉工業が上昇率32%と東証1部断トツの1位、増額期待ハヤす

4221 大倉工業 株価チャート

 大倉工業(4221)が、3割を超える上昇率となって東証1部で断トツの値上率1位。80円高の330円と買われ、上昇率では32%。昨年1月21日の282円を抜いて昨年来高値を更新し07年10月以来の300円台に乗せた。新しい材料は出ていない。12月期決算ということで、現在は、問い合わせ等に答えることのできない「沈黙期間」。それでも、2月中旬に発表予定の10年12月期に対し増額を期待した買いが入っているようだ。会社予想の10年12月期は営業利益12億5000万円(16.4%増)、1株利益8.9円。四季報では営業利益18億5000万円、1株利益15.2円。今朝のマーケットでは、四季報予想を上回りそうだとハヤしているという。光学フイルムの好調、太陽電池パネル関連の強化など手がかり材料のそろっていることも人気につながっている。やや、先走りの印象が強いだけに、深追いは慎みたい。

記事中の会社を詳しく見る

大倉工 (4221)

ページトップ