きょうの動意株

大和が野村との差を100円ていどに縮める、「株に強い」を発揮

8601 大和証券グループ本社 株価チャート

 大和証券グループ本社(8601)が、野村HD株価に対し100円程度まで接近、注目される動きとなっている。同社の差は、たとえば1年前の10年1月時点では大和証券株価519円に対し、野村HDの株価783円と、野村が260円ていど上にあった。1年後の今年1月7日には96円程度まで縮まり、今朝の段階での高値比較では大和451円、野村551円と、ちょうど100円の差。「株に強い大和が最近の株式市場活況で元気が出ているのだろう」(中堅証券)。それを裏付けるような発表があった。11日に同社は「オンライン信用取引口座の月間(10年12月)増加数が業界No1になった」と発表している。ただ、日経平均との対比では、最近の同社株は日経平均に遅れて動いている傾向がみられる。たとえば、日経平均の最近の安値は9月1日に対し、同社株の安値(320円)は10月4日と1ヶ月遅れ。つまり、今の証券株は、かつてのようにマーケットをリードする役柄ではなく、後から着いて動く「出遅れ型」ということだろう。ちなみに、野村HDの安値(395円)は11月2日と、さらに遅くなっている。

記事中の会社を詳しく見る

大和証G (8601)

ページトップ