きょうの動意株

出遅れ買いで中外炉が新高値、かつての北浜人気株にも注目

1964 中外炉工業 株価チャート

 中外炉工業(1964)の動きが軽快となってきた。昨年12月7日に300円へ乗せたあたりから弾みがつき始めたといえる。この日も9円高の331円と昨年来の高値を更新。関西系の出遅れということがあるようだ。工業炉のトップながら、国内向けの低調から営業利益は09年3月期51億4400万円→10年3月期27億6300万円と落ち込んでいた。太陽電池製造向けや海外では台湾のタッチパネル塗工装置受注などで11年3月期の営業利益は8.6%増の30億円と回復。1株利益21.8円、配当は年8円の見通し。かつての北浜人気銘柄ということでチャートの形も注目のひとつ。とくに、形の上では500円前後までフシがなく、真空地帯となっている。今の1株益では500円は無理とみられるものの、400円前後までの水準訂正は見込めそうだ。

記事中の会社を詳しく見る

中外炉 (1964)

ページトップ