きょうの動意株

神戸鋼が10ヶ月ぶり新高値、最近の強い動きに新日鉄人気加わる

5406 神戸製鋼所 株価チャート

 新日鉄の急伸から神戸製鋼所(5406)が、10ヶ月ぶりの新高値。20円高の236円と買われ、昨年4月6日の224円を抜いて昨年来高値を更新した。この日は、新日鉄と住友金属の合併話で両銘柄が急伸したのに引っ張られた。もっとも、同社株自体、前日まで3日連続高するなど、このところ強い動きとなっていた。とくに、新日鉄が今3月通期を下方修正したのに対し、同社は据え置いたことが評価されている。鉄鋼のほかに産業機械、建設機械、銅・アルミなど非鉄金属、電力卸など経営多角化が進み、全体での営業利益率が今期6.0%と高いことが手がかり。今期は年3円配当(前期、年1.5円)だが、収益的には年5円も可能で早い時期に増配が期待できるだろう。短期急伸で目先的にはモミ合いが予想されるものの、220円どころのフシを抜いたことで中期的には300円近い相場が見込める。

記事中の会社を詳しく見る

神戸鋼 (5406)

ページトップ