きょうの動意株

好決算のアルコニクス111円高、レアアースが絶好調

3036 アルコニックス 株価チャート

 アルコニックス(3036)が、111円高の2338円と急伸、昨年来の高値を大きく更新している。昨年7月の株式2分割の権利落後の高値であり、権利付に逆算すれば4676円となって、権利落直前の3110円を大きく上回る。とくに、昨年12月24日から、東証2部→東証1部へ昇格したことで機関投資家等の買いが継続しているようだという。また、去る4日(金)発表の第3四半期(4~12月)決算が好調だったことが評価されている。前年同期比47.6%の大幅増収、営業利益は2.4倍だった。「今3月期の増額はなかったものの事業環境はすこぶる明るく先行きへの期待は膨らむ」(中堅証券)。自動車用鋼管素材、半導体向け伸銅品、アルミダイカスト向けアルミ合金塊、電池材料の取扱が拡大、レアアースの供給ソース確保に注力した効果でレアアースも大きく伸長。今3月期は売上42.9%増の1560億円、営業利益93.9%増の29億8000万円、1株利益314.3円、配当年45円の見通し。とくに、分割をカウントすれば今期の配当は年90円となって前期の年85円を上回る。PERは10倍以下と割安。小幅の調整はあっても中期での上値余地は大きそうだ。

記事中の会社を詳しく見る

アルコニク (3036)

ページトップ