きょうの動意株

京浜急行は1年ぶりの安値更新、昨年の「羽田人気」の反動

9006 京浜急行電鉄 株価チャート

 京浜急行電鉄(9006)は昨年来の安値を更新している。6円安の680円と前日変わらずを挟んで4日続落で昨年2月12日の682円を下回って1年ぶりの新安値。まもなく、第3四半期(4~12月)決算が発表される見通し以外はとくに材料はなさそうだ。その業績も、昨年秋の羽田国際線開港効果もあって悪くはないはず。にもかかわらず株価が下がるのは、「昨年9月に883円まで買われた反動が出ている。とくに、信用買いの6ヶ月期日が、これから来るため需給関係面の厳しさがある。もともと、大きい動きのない電鉄株が昨年のように大きく値上がった後は反動がきつい」(中堅証券)。現在の相場がアルコニックスのように、1日で100円を超える急騰銘柄もあるだけに需給関係の圧迫があり値動きの悪い銘柄は敬遠されるようだ。もうしばらく処分売りから下値調べとなりそうだ。

記事中の会社を詳しく見る

京急 (9006)

ページトップ