きょうの動意株

日本パレットは新安値、日通系で利回り3.4%も商い薄い

4690 日本パレットプール 株価チャート

 薄商いの日本パレットプール(4690・JQS)は、1000株の売り物で4円安の201円と下げ昨年来の安値をつけている。これまでの安値は昨年1月25日の203円だったから1年ぶりの安値更新。また、200円へあと1円まで接近し、仮に200円を割り込むと09年3月以来となる。年7円配当を継続しており、配当利回りは3.4%と高い。にもかかわらず下げるのは出来高が極端に少なく売買の難しいことが原因となっているためだろう。同社は本社大阪市で筆頭株主は日本通運。輸送用パレットや機器レンタルの最大手。7日(月)に発表の第3四半期(4~12月・非連結)は、前年同期比3.1%減収、営業利益41.4%増益だった。今3月期は従来予想通りの売上3.7%減の52億円、営業利益16.5%増の5500万円、1株利益7.0円の見通し。底値水準とはみられるものの、あまりにも少ない出来高は市場性などで一考の余地はあるだろう。

記事中の会社を詳しく見る

日パレット (4690)

ページトップ