きょうの動意株

糖尿病治療薬で小野薬買われる、3%台の配当利回りも魅力

4528 小野薬品工業 株価チャート

 小野薬品工業(4528)は、主力の大阪市場で20円高の4200円と買われている。同社の糖尿病治療薬「ジャヌビア」、「グラクティブ」の有効性と安全性が伝えられた。治療薬を用いると低血糖症状が起きて意識が失われる危険もある。この点、ジャヌビアは低血糖を起こしにくく、自律的に血糖の分泌を調整し、他の薬との併用による効果も増すという。日本人の糖尿病患者は年々、増加傾向にあり、血管中の血糖値(A1c)が高くなることで血管が弱くなり失明、腎不全、心筋梗塞、脳梗塞などを引き起こす原因となる。同社株は昨年10月27日に昨年来安値3295円から反転して上昇、今年2月14日には4320円の高値をつけ、09年11月以来の水準に買われている。今3月期は、前期比3.7%減収、営業利益24.9%減益見通しながら、予想1株利益188.9円、配当も年180円と優秀。とくに、配当利回りは今朝の段階でも4.2%と高い。また、かつての北浜を代表する人気銘柄だったことも、全般相場手詰まり感となってきたなかで注目されてきたようだ。仮に、5000円まで買っても利回りは、なお3.6%。3月の配当取りを狙った買いが予想されそうだ。

記事中の会社を詳しく見る

小野薬 (4528)

ページトップ