きょうの動意株

1000万株の自社株買いでアライドテレシスは久々の150円台

6835 アライドテレシスホールディングス 株価チャート

 アライドテレシスホールディングス(6835・東2)は、7円高の151円と4日続伸、昨年4月以来の150円台水準を回復している。同時に、昨年来高値165円(10年4月23日)へ挑戦の構え。去る15日に上限1000万株の自社株取得を発表したことを好感している。取得金額は上限10億円で、期間は今年2月21日~3月25日。一方、10年12月期は4.8%増収、営業利益は4.2倍の22億3000万円と好調で1株利益4.5円、配当は年2円を継続した。続く、今12月期は売上0.8%増の361億円、営業利益26.0%減の16億5000万円、純益32.7%増の8億円、1株利益6.0円の見通し。同社はグローバル展開するネットワーク・ソリューション企業。日本では医療分野において多くの院内ネットワークの構築を受注し好調。欧米でもヘルスケア市場をターゲットとして営業を強化。アジア・オセアニアでは、ニュージーランドにおいて政府主導の学校ネットワーク構築の大型案件を受注。タイ、インドネシアでのIP監視ソリューションの販売が好調。前期の大幅増益の反動もあって、今期営業利益は慎重予想ながら環境は悪くなく、期中、増額の楽しみもあるだろう。増配も可能とみられるものの、当面は自社株買いを優先するようだ。今期中という捉え方なら、06年11月以来となる200円奪回も見込めるだろう。

記事中の会社を詳しく見る

アライドT (6835)

ページトップ