きょうの動意株

ヤマノHDに見直しの芽、新株予約権大量行使

7571 ヤマノホールディングス 株価チャート

 新株予約権行使のヤマノホールディングス(7571・JQS)は、31~33円の小動き。平成21年10月に発好した第1回新株予約権について大量行使があったと21日(月)に発表した。ハンプシャー・キャピタルが285個を行使し、同社はハンプシャーに対し1株33円で285万株を発行した。既に、マイルストーン・キャピタル・マネジメントは去る2月18日付けで4個を行使、残りはヤマノネットワ-ク303個、今永健三60個、鈴木正巳152個、ザイタスパトナーズ152個となっている。第3四半期(4~12月)末では1株純資産が72.3円、行使に伴い財務内容は改善される。今3月期は売上16.6%減の261億5000万円、営業利益4.7倍の2億8000万円の見通し。最終損益は収支トントンで配当は無配。同社では現在を「第2創業期元年」と位置づけ業績向上に取り組んでいる。事業は、「和装事業」が第3四半期では売上24億2600万円、同営業損失2900万円、「DSM事業」で売上30億3500万円、同利益1億3800万円、「スポーツ事業」で売上33億6000万円、同利益7900万円。低位材料株に物色人気が台頭していることで50~60円の可能性はありそうだ。

記事中の会社を詳しく見る

ヤマノHD (7571)

ページトップ