きょうの動意株

松屋フーズ約4年ぶり1500円台、勝ち組、次は値上げの観測も

9887 松屋フーズ 株価チャート

 松屋フーズ(9887)が快調に上げている。昨年10月21日の安値1218円を起点に、今朝の1570円(前日比28円高)まで約29%の上昇。牛飯業界は競争が激しく大変と受け止められている中で株価の好調が目立っている。株価の1500円台水準は07年5月以来、ほぼ4年ぶりに近い。当時、06年3月期に37億6900万円だった営業利益は、07年3月期に18億600万円まで落ち込んでいた。当時はこういった業績悪化の中での株価下降局面だった。前期(10年3月期)の営業利益は25億4600万円と回復、さらに、今3月期の営業利益は44億3000万円(前期比74.0%増)の見通し。株価水準は同じ1500円台でも今回は業績の上向き局面という大きい違いがある。「激しい牛めし競争に勝ったということだろう」(中堅証券)。予想1株利益104.9円を、PERでいくらまで評価するか、見方の分かれるところ。2000円(06年7月以来)を目指した動きと見るのが妥当だろう。「ライバルが撤退すれば、次のステージは値上げ」というシナリオを描く向きはあるものの、まだそこまで見込むのは早すぎるだろう。

記事中の会社を詳しく見る

松屋フーズ (9887)

ページトップ