きょうの動意株

値を維持の大丸エナに下げ圧力、好内容も全般安に引っ張られる

9818 大丸エナウィン 株価チャート

 LPガス販売の大丸エナウィン(9818・東2)は、13円安の607円と下げ620円前後のモミ合いを下に放れる動き。昨年夏以降続いているモミ合いだけに、仮に、放れるとシコリができてしまう。昨年来高値は650円(10年7月27日)で、これまでは、高値圏でよく値を保っていたともいえる。しかし、全般相場が調整色を強めてきたことから値を維持することは難しくなったようだ。同社はLPガス販売で近畿3位。住宅機器・産業用機材なども扱う。今3月期は9.6%増益、営業利益5.2%増益と堅調見通し。予想1株利益53.5円、配当は年13円(前期年11円)の予定。PERも11倍ていど。好内容ということから、これまで高値圏で値を保っていたといえる。仮に、全般安から600円を割る場面があれば仕込み場といえるだろう。

記事中の会社を詳しく見る

大丸エナ (9818)

ページトップ