きょうの動意株

原油高でANA小幅続落、長期化なら収益圧迫で本格下げも

9202 ANAホールディングス 株価チャート

 原油高で全日本空輸(ANA・9202)は、2円安の282円と10日(木)の3円安に続いて小幅続落。これで、羽田関連の人気で昨年9月につけた昨年来高値329円から14%強の下げ。原油価格の上昇から燃油サーチャージ値上げが予想され、旅行需要にはマイナス。08~09年には原油高と新型インフルエンザのダブルパンチから株価は410円どころから09年11月には218円まで大きく下げている。「今回は、新型インフルエンザのマイナス面はないものの、中東の政情不安は長引く可能性があり、原油価格上昇が長期化する心配がある。北京オリンピック、上海万博といったビッグイベントのないことも痛い」(中堅証券)。週足では、前週、大きい陰線となって300円前後のモミ合いを下放れた足となって、26週線を大きく割り込み、「売りパターン」となっている。今日このままで終われば、今週も26週線を大きく下回ったままで、来週以降の戻りが鈍いようだと処分売りが本格化する心配がある。

記事中の会社を詳しく見る

ANA (9202)

ページトップ