きょうの動意株

オリランド2日間で1830円の下げ、社会混乱で業績不安強まる

4661 オリエンタルランド 株価チャート

 オリエンタルランド(4661)が、140円安の6730円で寄り付き、520円安の6350円まで下げている。今日で4営業日続落、とくに、14日(月)の1330円安に続く、この日の大幅安。春の観光シーズンと4月後半からの値上げ効果期待等で、株価も去る3月10日に8320円まで買われ、02年3月以来、ほぼ9年ぶりの水準に買われ1万円相場の掛け声も高くなっていた。そこへ、今回の大地震。「東京ディズニーランド、東京ディズニーシーの建物や施設には大きな損害はなく、液化現象も認められていない。運営再開時期については21日頃を目処に決定する」とのコメントを発表している。「来園者にけが人がなく、設備面等に損傷のなかったことはよかった。ただ、営業再開がいつになるか。仮に、早期に営業を再開しても、<計画停電>等による社会的な混乱を考えると入場者が減ることは避けられない。2日間で株価が2000円近くも下げていることは先行きの業績悪化を織り込んでいるものといえる」(中堅証券)。高値8320円からの下落率は23.6%。下値のフシとしては、昨年来安値6130円(10年1月4日)があるものの、ここで止まることができるかどうかは微妙。社会安泰の上に成り立つ産業だけに、下値模索が続くものとみられる。

記事中の会社を詳しく見る

オリランド (4661)

ページトップ