きょうの動意株

広島のモンテに次いで、岡山の滝澤鉄も値下り率上位、人気の反動

6121 滝澤鉄工所 株価チャート

 滝澤鉄工所(6121)の下げ率も大きい。50円安の58円と下げ、値下り率では46.2%と大きい。同社は本社が岡山市で、値下り率の大きいモンテカルロが本社・広島市ということから、広島、岡山銘柄の値下りが目立っている。同社には山形営業所、北関東営業所、関東営業所、西関東営業所、長野事務所が東日本地区にあるものの、とくに、大地震による被害はなかったもよう。このところ、工作機械業界の受注好調を手がかりに、去る、3月8日には141円と08年8月以来の水準に買われていた。商いも多かったことで処分売りが出ているものとみられる。今3月期は売上2.0倍の165億円、営業利益5億8000万円(前期は赤字17億2300万円)の見通し。1株利益4.5円、配当は年1円復配の予定。1株純資産も143.9円あり、目先筋の投げが一巡すれば徐々に底堅い動きへ移るものとみられる。

記事中の会社を詳しく見る

滝沢鉄 (6121)

ページトップ