きょうの動意株

全銘柄中値上り率1位の日成ビ、共同住宅で阪神の時も活躍

1916 日成ビルド工業 株価チャート

 日成ビルド工業(1916)が、全銘柄中でトップの値上り率。50円ストップ高の151円と買われ昨年来高値を大きく更新。150円台の水準は07年8月以来のこと。値上り率では49.5%に達し、全銘柄中で、第2位の植木組を押さえて堂々の1位。プレハブ建築の大手で事業用施設プレハブを中心に共同住宅も扱う。震災復旧では、まず現場での施設、そして、被災者の共同住宅が必要となってくる。復旧関連の一番手ということだ。1995年1月の阪神大震災のときは、94年12月の安値1040円から95年1月には1410円と約36%と急伸。その後、95年6月に安値626円と下げた後、06年7月の1550円まで2.4倍に値上りしている。最初は関連銘柄買い人気、2度目は復興需要の本格化ということだろう。今回も、過去にこうした活躍の動きがあることから短期的にも中期的にも注目できるということのようだ。

記事中の会社を詳しく見る

日成ビルド (1916)

ページトップ