きょうの動意株

オリランド7000円回復、「余震」懸念は依然上値押さえる

4661 オリエンタルランド 株価チャート

 オリエンタルランド(4661)は、7000円台を回復した。260円高の7000円で始まり、寄り付きから7000円を回復し270円高の7010円までつけている。7000円台は5営業日ぶりのこと。同社株も内需関連の勝ち組として買われ、3月10日には昨年来高値8320円をつけ、02年8月以来となる水準まで上昇していた。今回の大震災では15日(火)に6000円まで値幅で2320円、率で27.8%の大幅下げ。今朝は、下げ幅の3分の1戻しは上回ったものの、半値戻し(7160円)には届いていない。駐車場の一部に液状化がみられたていどで、人的面にも施設にも影響はなかった。ただ、電力供給が安定しないことから東京ディズニーランド、東京ディズニーシーは休園状態が続いている。「子供たちに元気と夢を与える効果や、甲子園の高校野球も開催されるのだからテーマパークのどちらかでも開いたらよいのではないか」(中堅証券)との声も。ただ、電力のほかに交通事情等のこと、さらに余震の心配も考えると簡単には再開というわけにはいかないだろう。基本的には様子見の動きが続きそうだ。

記事中の会社を詳しく見る

オリランド (4661)

ページトップ