きょうの動意株

コカ・ウエスト新高値、早くも夏場人気先取りと復興特需期待も

2579 コカ・コーラボトラーズジャパン 株価チャート

 コカ・コーラウエスト(2579)が年初来の新高値。25円高の1595円と買われ、これまで、長い間、強力な上値の壁となっていた1450~1500円を上抜いている。今度の大震災がきっかけとなったようだ。3月15日に1161円まで大きく突っ込んだことで売り物が一巡した。本社は福岡市で、近畿から九州までをカバーする日本最大のボトラー。今度の東日本大震災で、品不足の東日本地区への商品供給が増えるのではないかとか、各企業が今後、西日本地域へ工場を移転する動きが強まることが予想され需要拡大につながるといった期待になっている。昨年の猛暑効果で、前12月期の営業利益は120億300万円(09年12月期22億4200万円)と大幅増益。今年も暑い夏なら昨年に続いての需要が予想され、さらに、震災特需効果が上積みとなることも見込めそうだ。今の地点での、今12月期営業利益は160億円、1株利益72.0円の見通し(四季報・春号)。PERは22倍強とやや割高感はあるものの、業績への期待と、上値の壁突破で弾みのついていることから2000円を目指した動きとみられる。

記事中の会社を詳しく見る

コカBJI (2579)

ページトップ