きょうの動意株

スズキ軟調もダイハツに比べ堅調、復興後の需要は軽自動車から?

7269 スズキ 株価チャート

 スズキ(7269)も軟調ながら他の自動車株に比べると比較的堅調だ。この日は14円安の1796円と3日続落になっているものの、今回の暴落相場後の戻り高値1863円(3月31日)に対しては3.5%下げと小さく値を保っている。同じ軽自動車のダイハツ工業は戻り高値1248円(3月30日)に対し、この日は1127円と9.6%と下げは大きい。しかも、ダイハツは15日線を大きく割り込みチャートの形は良くない。一方、同社株は15日線を上回って推移している。これは、ダイハツが2月1日に1405円と上場来高値に買われたことで上値にシコリが残っているとみられることが大きいようだ。復興後の自動車需要を買う相場は、被災地の道路整備が進むことが条件で、まだ早すぎるだろう。ただ、復興後の需要では「軽自動車」が中心になるとみられる。そのときに軽自動車大手の両社のどちらが活躍するか注目されるところではある。

記事中の会社を詳しく見る

スズキ (7269)

ページトップ