きょうの動意株

ケンコーマヨは東証1,2部で唯一の新安値、震災後2部に上場

2915 ケンコーマヨネーズ 株価チャート

 ケンコーマヨネーズ(2915)が、10時現在では東証1部、2部において唯一の新安値となっている。9円安の519円と3日続落で前日に続いての安値更新。もっとも、安値更新と言っても、3月24日にジャスダックから東証2部へ上場して以降の値段。3月24日には628円で始まり、直後638円と買われたものの、それ以降下げている。大震災によるマーケットの地合いの悪さが響いている。東証2部上場に当って明らかとした11年3月期見通しは売上515億円(10年3月期511億100万円)、営業利益25億7000万円(同29億5100万円)、1株利益96.6円の見通し。このところのタマゴ価格の値上りによる原料高は12年3月期の収益に対し心配な点。ジャスダック上場時の3月上旬に777円の高値があり、この時点から33%の下げで、しかも、PER面でも割安感が強く500円接近は中期仕込み場だろう。

記事中の会社を詳しく見る

ケンコマヨ (2915)

ページトップ