きょうの動意株

小林産業が新高値、復興特需でボルト・ナットに期待

8077 小林産業 株価チャート

 小林産業(8077・大1)が、新高値。去る4月5日に185円と高値更新後、160円台で底堅くモミ合っていた。この日は15円高の193円と8.4%の上昇となって高値を更新、200円へ接近となっている。同社は建設用のボルト・ナットの商社。今回の震災復興での需要が見込まれる。阪神淡路大震災のときにも05年6月の315円から06年4月の730円まで大きく活躍した実績もある。足元の今10月期が営業利益で2億7000万円(前期4億5200万円)と減益見通し(四季報・春号)にあるため上値は買い難いところはある。ただ、復興需要の本格化によっては予想を上回る可能性は十分に予想される。早ければ第2四半期(11~4月)において業績上ブレも期待されそうだ。200円台に乗せれば、09年9月以来となり注目度が増すものと予想され、これから夏場に向け活躍が期待できそうだ。

記事中の会社を詳しく見る

小林産 (8077)

ページトップ