きょうの動意株

松井証券が400円割り上場来安値、「超閑散相場」を反映か

8628 松井証券 株価チャート

 証券株では松井証券(8628)が、唯一、新安値。下げ幅そのものは6円安と大きくはないものの、4日続落で396円と初の400円割れとなって上場来安値を更新した。18日(月)の東証1部の出来高が16億4577万株、同売買代金も1兆299億円と、共に、大きく細っていることが響いているようだ。「3月中は大震災による投げで商いは活発だった。しかし、肝心の新営業年度になった4月はまったく盛り上がりに欠ける」とのマーケットの声。とくに、個人投資家を主力とする同社にとって、東京電力の暴落による個人の株離れはこれからも頭の痛いところだろう。切ることはないとみられていた400円を下回ってきたところにマーケットの先行きに対する厳しさが現れているようだ。

記事中の会社を詳しく見る

松井証 (8628)

ページトップ