きょうの動意株

東日本ハウスは高値からの下げ100円超、業績向上で底値感

1873 日本ハウスホールディングス 株価チャート

 東日本ハウス(1873・JQS)は、高値からの下げが100円超となってきた。この日は16円安の219円と4日続落、これで去る、3月23日につけた年初来高値325円からの下げは106円、率で32.6%に達した。昨年12月半ば以降、今年2月まで続いた150円前後のモミ合いを上放れ、今回の震災相場の影響もなく上昇相場を続けていた。この反動が出ているようだ。同社は本社が東京都千代田区だが、盛岡本社も置いている。営業は全国的で、特に、岩手など東北に強く今回の震災復興需要にも期待が強い。今10月期も営業利益45億円(前期40億4800万円)、1株利益58.2円と好調見通し(四季報・春号)。ただ、配当は年4円の予定で、配当自体はそれほど多くはない。ちなみに、3月の震災下げ相場の時の下値は3月17日の209円。業績からみて、そろそろ値ごろ感からの買いが予想されそうだ。

記事中の会社を詳しく見る

日ハウスH (1873)

ページトップ