きょうの動意株

震災影響第3報の三菱紙は小高い、八戸工場は依然操業停止中

3864 三菱製紙 株価チャート

 震災影響第3報を公表の三菱製紙(3864)は、2円高の84円と小高い。25日(月)、操業を停止した「八戸工場」、「北上事業本部」、「白河事業所」の現状と夏場に向けての自家発電について発表した。塗工・非塗工印刷用紙、情報用紙、白板紙を製造する「八戸工場」は引き続き操業を停止中。「北上事業本部」(写真用印画紙原紙など)は4月14日より操業を再開したもののフル操業にはまだ時間を要す。「白河事業所」(電気絶縁紙)は3月24日に全面復旧しフル操業に戻っている。自家発電は5月以降、夏の需要期に向けて5万キロワットの電力を供給することで東北電力と合意したという。今回の震災下げ相場では3月15日に安値64円があり、現在は戻り歩調にある。ただ、震災発生前水準の100円はまだ回復していない。100円台を回復できるかどうかは5月中旬とみられる3月期決算発表において12年3月期の見通し次第だろう。

記事中の会社を詳しく見る

三菱紙 (3864)

ページトップ