きょうの動意株

大和証券下げ3月安値に急接近、3月決算赤字、今期不透明で

8601 大和証券グループ本社 株価チャート

 決算発表の大和証券グループ本社(8601)が、ストンと下げ3月の安値に近づいている。寄り付きから11円安の349円と続落して始まり、9時半頃には19円安の341円まで下げた。3月の震災下げでつけた安値319円(3月15日)にあと22円と接近している。26日(火)に11年3月期決算を発表。営業収益25.1%減の4030億4200万円、営業赤字453億5500万円(10年3月期は利益で952億6100万円)、最終損益でも赤字373億3100万円(同、利益434億2900万円)という成績。1株純資産496.7円、配当は年6円(10年3月期は年13円)とする予定。営業投資有価証券関連損益やトレーディング損益の減少、引受・売出・特定投資家向け売付勧誘等の手数料が減少したことなどによる。12年3月期についての見通しは、会社側は公表していない。ただ、一部観測では12年3月期の経常利益を240億円(11年3月期は赤字326億200万円)と黒字転換が見込まれている。「これから、マーケットには震災の影響による負の部分が影響を及ぼしてくる心配がある。経済面への影響もあるが、東京電力の暴落で株関係を敬遠する動きが予想される。そこを通過して、復興需要によって景気回復が実感できるまでは厳しいだろう」(元、証券会社役員)。

記事中の会社を詳しく見る

大和証G (8601)

ページトップ