きょうの動意株

日清食品の注目の今期は2ケタ営業減益、後場の動きに注目

2897 日清食品ホールディングス 株価チャート

 日清食品ホールディングス(2897)は、前場で23円高の2927円まであり前場引けは12円高の2916円。注目の11年3月期決算を今日(11日)、11時に発表した。11年3月期実績は好調だったものの、12年3月期については営業減益の見通し。後場の動きが注目される。11年3月期は1.0%増収、営業利益26.3%増益、純益1.3%増益だった。12年3月期は売上5.4%増の3950億円、営業利益24.7%減の260億円、純益1.2%増の210億円、1株利益189.7円の見通し。配当は年75円の予定。11年3月期は、震災による一時的な需要増はあったものの、年間を通しては低価格志向が続く中、夏場の猛暑の影響や原材料価格上昇という厳しい環境だったという。12年3月期もこうした事業環境が続くと予想した数字と思われる。震災発生直後の3月14日には震災需要期待から3040円と年初来高値に買われていた。PERは15倍強。復興需要増加で12年3月期に対する期待も強かっただけに、今期の営業利益が2ケタ減益見通しでは上値は買い難いだろう。しばらくはモミ合いが予想される。

記事中の会社を詳しく見る

日清食品H (2897)

ページトップ