きょうの動意株

ルネサスは前場高から後場反落、本格供給10月末で業績見極め

6723 ルネサスエレクトロニクス 株価チャート

 前場堅調だったルネサスエレクトロニクス(6723)は、後場は前日比33円安の724円と反落した。前場は770円(前日比13円高)まで買われていた。後場、主力の「那珂工場」(茨城県ひたちなか市)の生産再開についての見通しを発表した。(1)200mmラインの生産再開は当初の6月15日予定から6月1日から行う。300mmラインについても6月6日から生産を再開する、(2)那珂工場が被災前の供給レベル時期となるのは7月下旬の予定、(3)8月末以降順次、製品として供給、10月末までに被災前の供給となる。11年3月期決算は5月18日(水)に発表予定で、これに先立ち10日(火)に修正見通しを公表している。売上を130億円減額の1兆1370億円、営業利益75億円増額の145億円、最終損益は350億円減額の赤字1150億円とした。東日本大震災により固定資産の修繕費用などの特別損失を計上する。朝方は、震災特損は一過性、とくに営業利益を増額した点に注目して買われた。後場は「製品の供給が完全に元に戻るのが10月末ということで12年3月期の業績見通しを見極めたい」(中堅証券)という空気が強まった。

記事中の会社を詳しく見る

ルネサスエ (6723)

ページトップ