きょうの動意株

前週末急伸の電通は反落、今期営業益微減、チャート足も悪化

4324 電通 株価チャート

 電通(4324)は、61円安の2158円と13日(金)の84円高から急反落した。全般相場の安いことはあるものの、今期の業績が弱含みということもある。12日に発表した11年3月期は9.2%増収、営業利益36.5%増益、純益30.5%減益という内容で、13日の株価は営業利益の大幅な伸びに注目し評価した。12年3月期は、売上0.9%増の1兆8508億円、営業利益1.8%減の500億円、純益47.9%増の320億円の見通し。1株利益128.4円、配当は年30円の予定。今期の営業利益は減益とはいっても1.8%の微減で、むしろ前期の大幅増益からみれば堅調といえる。このため、今朝の下げ幅が13日(金)の上げ幅分以上に下げなかったともいえる。ただ、13日に日足チャートが長い上ヒゲ足の天井形成型だったことを気にする向きもある。今後、震災よる経済活動の停滞によって広告面にどのていどで影響が出るかを見る動きも予想される。

記事中の会社を詳しく見る

電通 (4324)

ページトップ