きょうの動意株

福田組は高値から5割近い下げ、足元業績悪く復興需要も先

1899 福田組 株価チャート

 福田組(1899)の下げが続いている。20円安の223円と安値引けで、これで震災発生後の3月16日につけた年初来高値433円から48.4%の大きな下げ。足元の業績が芳しくないうえに第二次補正予算も8月以降の見通しということで買い方の腰が入らない。去る、5月12日に発表の第1四半期(1~3月)は、前年同期比19.6%減収、営業利益は95.5%の大幅減益だった。今12月期通期でも、売上3.1%減の1100億円、営業利益19.6%減の14億円、純益24.0%減の7億円、1株利益15.6円の見通し。配当は年3円の予定。1株純資産589.8円でPBRの割安感はあるものの、PER、利回りとも割安感はない。業績は良くない、指標で割安感はないということで、残るのはどのあたりで値頃感が台頭するかということだろう。恐らく200円接近か、200円を割ったあたりで中期狙いの買いが入るのではないだろうか。震災発生前3月10日の終値は164円だった。

記事中の会社を詳しく見る

福田組 (1899)

ページトップ