きょうの動意株

岡野バルブ一時8日連続安で新安値、電力関連で見切り売り

6492 岡野バルブ製造 株価チャート

 電力関連の岡野バルブ製造(6492・東2)が冴えない。この日も一時6円安の375円と8日連続で下げ年初来安値を更新した。既に、3月の震災時下げでの安値412円を下回っている。東京電力など電力向け大型高温高圧バルブの最大手ということで、東京電力株など、このところの電力株の不振の影響が大きい。もっとも足元の業績は堅調。東京電力の柏崎・刈羽原発メンテナンスなどで今11月期は売上132億円(前期126億4900万円)、営業利益19億2000万円(同15億7900万円)、純益10億8000万円(同10億1800万円)、1株利益60.4円の見通し(四季報)。配当は年12円の予定。配当利回りでは3.2%と3%を超える水準に達している。ただ、今回の原子力発電所事故が経験したことのない規模の大きいもので、いまだに終息のめどが立たないことから新規買いより見切り売りが先行しやすい。下値のフシは08年10月の295円までなくなっている。

記事中の会社を詳しく見る

岡野バ (6492)

ページトップ