きょうの動意株

日本アンテナ3月安値切る、今期が営業益8割減益で失望売り継続

6930 日本アンテナ 株価チャート

 日本アンテナ(6930・JQS)は、13円安の595円と600円台を割り込み、去る、3月16日の599円を下回り年初来の新安値。18日(水)に発表した決算で12年3月期の見通しが悪かったことから19日(木)の大幅安に続く今日の下げとなった。12年3月期は売上22.4%減の255億円、営業利益83.6%減の5億7000万円、純益76.7%減の2億7500万円、1株利益21.2円の見通し。配当は年21円の予定。震災の被害による電力供給の制約、電子部品等の調達難から自動車メーカーの生産に影響が出ているため車載アンテナは厳しい見通し。また、今年7月24日の地デジ放送移行後は関連製品販売や工事も厳しい見通しということだ。地上デジタル受信機器は、業界の累計出荷台数が1億1121万台(3月末)となるなど好調を背景に、同社の11年3月期は15.4%増収、営業利益56.0%増益と好調だったが、今期は一転して大幅減益となる。マーケットでは、これまで700円を挟んだモミ合いで、12年3月期の堅調を予想し期待する動きだっただけにガックリ感が強い。昨年10月の580円を下回ると500円前後まではフシらしいフシはなくなる。

記事中の会社を詳しく見る

日アンテナ (6930)

ページトップ