きょうの動意株

日立建機105円安、3月安値切る、大手証券が目標株価引下げと

6305 日立建機 株価チャート

 日立建機(6305)は年初来の新安値。105円安の1678円と大きく下げ、去る3月15日の1750円を一気に下回って年初来安値を更新した。「国内の大手証券が目標株価を引き下げたことが原因」(中堅証券)ということのようだ。同社株イコール中国・新興国関連の有望株という印象は強い。実際、07年7月に5080円の高値をつけた記憶はまだ新しい。リーマンショックでは08年10月に735円まで高値から85.5%も下げていた。今回の下げは、まだリーマンショック時安値には余裕はあるものの、「中国・新興国ブームはピークを過ぎた感は強くなっている」(同)ことから、大手証券の目標株価引き下げの背景には、中国の成長率鈍化という視点があるものとみられる。また、「マーケットでの物色テーマを新興国人気から国内の震災復興関連へスイッチをはかりたい狙いもあるのではないか。マーケットへの流入資金が限られているので、上値でしこっている銘柄を処分して需要の見込める復興関連銘柄へ乗り換える動きともいえる」(同)との見方もあった。

記事中の会社を詳しく見る

日立建機 (6305)

ページトップ