きょうの動意株

400円大きく割った東芝は反発、引き続き強弱感交錯の動きか

6502 東芝 株価チャート

 前日400円を大きく下回った東芝(6502)は、10円高の399円と6日ぶりに反発した。前日(21日)は381円まで突っ込んでいた。このところの出来高は非常に活発。信用取引の売残、買残とも多いことから強弱感が交錯している動きといえる。原発事業には逆風ながら、足元の業績はスマートフォン需要を背景に利益率の高いNANDが好調で今期(12年3月期)の営業利益は最高益を更新する。ただ、配当は年5円配当にとどまり、利回りの魅力はない。今後も原子力の上値圧迫と現実の好業績が下値を支える動きが予想されそうだ。なお、上値のメドとなる30日線は420円程度に位置する。

記事中の会社を詳しく見る

東芝 (6502)

ページトップ