きょうの動意株

千趣会は500円接近、大阪市場では新高値、中間配当取りの動き

8165 千趣会 株価チャート

 千趣会(8165)は、10時半では大証1部で唯一の新高値。商いの多い主力の東京市場で、今朝、498円と500円へ接近したことで、大阪市場でも去る6月13日以来の商い成立となり、4月26日の490円を抜いて大阪市場での新高値となった。東京市場での年初来高値は2月14日の545円。3月に90.7%と落ちていた月次売上は4月100.0%、5月103.6%と回復に転じている。このため業績に対する安心感から6月中間配当7円(年間14円)の配当取りが入っているものとみられる。今12月期の1株利益53.1円の見通し(四季報)でPERが10倍を切っていることも注目されているようだ。

記事中の会社を詳しく見る

千趣会 (8165)

ページトップ