きょうの動意株

大陽日酸モミ合い上放れの気配、課徴金相当額は計上済み

4091 大陽日酸 株価チャート

 大陽日酸(4091)は、4円高の644円までありモミ合いを放れそうな動きとなりつつある。5月末頃から610~650円のモミ合いが続いている。工業ガスでは国内首位で、半導体など電子向けでは世界3強の一角。今3月期の営業利益350億円(前期354億6800万円)、1株利益44.3円の見通し(四季報)。10年1月以降、独占禁止法違反の容疑で公正取引委員会の立入検査を受けていた。このことが株価の上値を押さえていた。今年5月下旬に51億円超の課徴金支払の命令(支払期限今年8月29日)を受けている。既に、課徴金相当額を前期に損失計上しているので悪材料は出尽くしといえるだろう。モミ合いを上放れるなら700円前後まではフシはない。

記事中の会社を詳しく見る

大陽日酸 (4091)

ページトップ