きょうの動意株

上放れ挑戦の日立化成は続落で腰砕け、第1四半期発表待ち

4217 日立化成 株価チャート

 モミ合い放れ挑戦の日立化成(4217)は、36円安の1602円と前日の16円安に続いて下げ、上値のフシ突破はやや遠のいた。3月の震災時安値1340円の後、3月後半から1500~1700円の大きなモミ合いで推移しているもので、去る、7月6日にも1673円と買われ上値のフシ突破に向け挑んでいた。リチウム電池向け負極材で世界トップということに対する注目は高い。一方、自動車、電車部品製造の2工場が福島原発の避難地域内にあり操業不能。今3月期の営業利益が35.5%減の280億円見通し(四季報)と、大幅減益が頭を押さえている。予想1株利益60.0円(四季報)で、PERが26倍台と高いこともある。7月28日に発表予定の第1四半期(4~6月)決算で、特に、下期以降の回復について、どのようなコメントとなるかが注目されるだろう。

記事中の会社を詳しく見る

日立化 (4217)

ページトップ