きょうの動意株

「稲ワラ機械」のタカキタ新安値、低PBRも事態収束待ち

6325 タカキタ 株価チャート

 飼料作り農機のタカキタ(6325・東2)は、2円安の173円と小幅続落、去る7月12日の174円を下回って年初来安値を更新。牧草の収集、コーンの収穫、稲わら・牧草の梱包、飼料稲の刈取りなど、飼料収穫関係の農業機械を手がけていることで、今回の稲ワラ放射能問題を嫌気した。ただ、前場での商いは5000株と売物が多いということではない。1株純資産282.7円、年5円配当の内容からは一段安はなさそうだ。しかし、放射能問題が一巡するまでは本格的な戻りも難しいだろう。

記事中の会社を詳しく見る

タカキタ (6325)

ページトップ