きょうの動意株

増額の東海汽船堅調、先行き「世界遺産」効果も、優待に注目

9173 東海汽船 株価チャート

 業績増額の東海汽船(9173・東2)は、1円安の153円と堅調。3日(水)11時に業績修正を発表。第2四半期(1~6月)の売上を従来予想から1億8800万円、営業利益で1億9300万円、純益で1億4400万円、それぞれ増額した。当初予想していた営業赤字6億円は赤字4億700万円へ赤字幅が縮小する。「東日本大震災の影響による売上高の減少を想定していたが、予想より回復基調にある」(会社側)という。今12月期通期見通しは、8月10日(水)の第2四半期決算発表時に公表する。「去る6月に小笠原諸島が世界遺産に登録された。この効果も今後、大いに期待できる」(中堅証券)。同社は伊豆七島の観光・生活航路を独占している。株主優待も注目される。

記事中の会社を詳しく見る

東海船 (9173)

ページトップ