きょうの動意株

海外比率9割超の竹内製は5日続落、新安値、世界景気不安を嫌気

6432 竹内製作所 株価チャート

 ジャスダックでは竹内製作所(6432・JQS)が、23円安の677円と5日続落、年初来安値を更新。ミニショベルで海外比率が9割を超える同社株にとって、世界経済が波の高い状況では買いよりも売りが先行する。「今期の業績は回復見通しにあるものの、リーマンショックで営業赤字に転落、高配当から一気に無配連絡したことが強く印象として残っている」(中堅証券)。今2月期の営業利益は11億4000万円(前期7100万円)の見通し。配当は未定。

記事中の会社を詳しく見る

竹内製 (6432)

ページトップ