きょうの動意株

東京電力20円高後伸び悩む、盆過ぎから相場に変化の見方反映も

9501 東京電力ホールディングス 株価チャート

 東京電力(9501)は、20円高の458円までつけたものの前日と変わらずの438円まで反落。去る、7月22日に安値から4.3倍となる643円と買われた後は徐々に上値が重くなってきている。もっとも、戻り高値をつけたあとの安値は8月9日の335円で、決して動きが弱いということではない。ただ、「新政権が誕生すれば復興関連銘柄にマーケットの注目がシフトする可能性は強い。そうなれば、空売りを支えたとしただけの同社株の出番は薄らぐ可能性がある」(中堅証券)。盆が過ぎ、秋風が立つようになるあたりから相場の流れは変わることも予想されそうだ。

記事中の会社を詳しく見る

東電HLD (9501)

ページトップ