きょうの動意株

雪国ま6日ぶり反発も上値重い、ホクトと人気の差とも、指標割安

 400円を割った雪国まいたけ(1378)は、4円高の384円と前日変わらずを挟んで6日ぶりに反発したものの上値は重い。去る9日に09年12月以来となる400円を割り込み、22日(月)には374円の安値をつけた。「全般の相場が安いということはあるものの、業績見通しは良いだけに人気的な要素もあるのだろう。同業のホクトが3月安値より上に位置し堅調な動きに比べると差が目立つ」(中堅証券)。同社の12年3月期は営業利益2.0倍の30億円、1株利益42.8円の見通し。配当は年10円の予定。利回りなど指標面では割安水準に入ってきている。冬場関連狙いということからも中期投資なら仕込み場だろう。

ページトップ