きょうの動意株

日配飼料は「クロマグロ」材料に次第高、物色の材料株回帰にも期

 日本配合飼料(2056)は10時30分にかけて115円(8円高)と再騰。朝寄り値の112円を上抜き、9月5日以来の110円台で上値を試す相場となった。本日・13日付けで極洋(1301)グループと「クロマグロ事業に関する業務提携のお知らせ」を開示したことを材料視。日配飼料が受精卵の回収から稚魚の生産までを行ない、極洋が稚魚の受け入れから親魚の養成を行なうという。本日の株式市場は、NY株の反発や円の反落にもかかわらず日経平均の反発幅が50円台にとどまるため、物色の方向が材料株に回帰するとの期待がある。100円台前半の低位株だけに、主力の資金は安全退避させたまま、小遣い銭でひと回転を狙う向きが入っているという。

ページトップ