きょうの動意株

住友林業続伸、直近安値から7%高、底打ち確認近い、復興関連

1911 住友林業 株価チャート

 住友林業(1911)は、主力の大阪市場で14円高の666円と前日の10円高に続いて買われた。去る、26日(月)につけた年初来安値621円から7.2%の上昇、底打ち感が出てきた。このところ下げの理由には特別なものはなく、全般安に引っ張られたといえる。3月安値633円を割り込んだものの、そのまま大きく下げる動きではなかった。注文住宅の受注残豊富で、今3月期の営業利益は28.5%増益、1株利益59.3円の見通し(四季報)。配当は年15円の予定。被災地での復興が進めば得意とする注文住宅の需要拡大が見込めるだろう。安値から10%高の680円台に買われてくれば本格出直りにつながるものとみられる。

記事中の会社を詳しく見る

住友林 (1911)

ページトップ