きょうの動意株

ヤマダ電機は戻り売り焦点、次世代住宅事業に期待再燃し反発

9831 ヤマダ電機 株価チャート

 ヤマダ電機(9831)は後場5420円(270円高)で始まり、前場の高値5430円(280円高)に接近。前日からは急反発の相場。昨日、エスバイエル(1919)の買収完了を発表。今朝は、太陽光発電装置の販売を拡大し、シャープ(6753)などの大手メーカー7社と連携し、施工業者向けの研修施設を開設と大手経済紙が伝えたことを好感。エスバイエルを核にする次世代エネルギー住宅事業では、関連売上高を2014年3月期に3000億円との構想が9月下旬に伝えられている。株価は9月中のモミ合いゾーン(5500円どころ)での戻り売りが厚いとの見方があり、これを抜け出せば6000円前後まで上値余地が広がるという。

記事中の会社を詳しく見る

ヤマダ電 (9831)

ページトップ