きょうの動意株

いすゞ自動車は米韓FTA材料に堅調だが需給妙味は日野自と迷う

7202 いすゞ自動車 株価チャート

 いすゞ自動車(7202)は前場327円(5円高)まで上げ、前引けは325円(3円高)と続伸基調。ライバル日野自動車(7205)の反落456円(5円安)とは逆行高になった。米国と韓国のFTA(自由貿易協定)の実施が現実味を帯び、トラックの対米輸出関税は、5年後に韓国がゼロになるのに対し、日本は現状なら25%のままとされ、いすゞ自動車は海外での生産・出荷で先行し有利との見方が出ていた。ただ、いすゞ自動車の株価は9月以降、概して330円を抜けないまま下値モミ合いを継続中。信用買い残が多いことを重荷とする向きもある。一方、日野自動車は8月安値からジリ高基調を続けており、信用動向は売り残が買いを超過し、逆日歩が乗る状態。膨張した売り建て玉が買い戻しに転じた場合の株高助長エネルギーは無視できないとの見方がある。

記事中の会社を詳しく見る

いすゞ自 (7202)

ページトップ