きょうの動意株

旭化成は7日ぶり反発、好業績の観測出て11月初の発表に期待

3407 旭化成 株価チャート

 旭化成(3407)は堅調な始まりとなり、朝寄り後に467円(7円高)をつけて7日ぶりの反発基調となった。4~9月期の売上高は6%増の8100億円、純利益は23%増の350億円となったもよう、と大手経済紙が週末に伝えたことなどを好感。同社は今朝、会社側の発表ではない旨のIR開示を出したものの、発表は11月2日の予定と明記したため、数字に自信があるのではと期待が広がった。株価は、10月5日の437円を下値に出直り、11日に493円まで上昇。その後、昨日までの6日続落を含め、出直り幅の約65%の微調整。この水準は、テクニカル的には下げ止まることが少なくないとして戻り相場に期待する向きがある。

記事中の会社を詳しく見る

旭化成 (3407)

ページトップ