きょうの動意株

三井情報が急伸、戻り高値のあと押し戻されるが通期増額を期待

 三井情報(2665・東2)は朝方1万2040円(640円高)まで急伸したあと1万1600円(200円高)前後で推移。9月以降の戻り相場でつけた高値1万1760円を抜き、戻り高値に進んだ。前週末、第2四半期の業績予想(4~9月)を増額修正し、営業・経常・純利益とも黒字見込みに転換したことを好感。3月通期の業績にも上ぶれ期待が強まった。第2四半期の決算発表は11月2日を予定。株価の1万2000円台乗せは7月29日以来になり、朝方に大台を回復したあと押し戻されたため、しばらくはこの大台が上値のカベとの見方がある。このため、目先は1万1500円前後までの軟化を待ち、決算発表に向けて500円の幅を狙う動きがあるようだ。

ページトップ