きょうの動意株

キヤノンは下値メド探る、減額修正に円の最高値など重なる

7751 キヤノン 株価チャート

 キヤノン(7751)は続落の始まりとなり、朝寄り直後の3460円(30円安)を上値に一進一退。昨日発表した第3四半期決算(1~9月)で12月通期の予想を減額修正した上、円相場がNY市場で過去最高を更新し1ドル75円73銭に進み、NYダウは207ドル安となったことを嫌気する雰囲気になった。タイの洪水被害の拡大も手控え要因になっている。第3四半期は、平均為替レートが米ドルで約9円の円高の80.39円となり、税引き前純利益は前年同期比9.2%減。12月通期の予想は、10~12月の米ドルを77円と一段の円高に設定し、タイの洪水の影響も考慮し、税引き前純利益は3800億円から3500億円に見直した。株価は10月以降、おおむね3400円を下値にモミ合っており、この水準を割れば9月安値3270円が下値メドになるという。

記事中の会社を詳しく見る

キヤノン (7751)

ページトップ