きょうの動意株

大阪証券取引所は急反発、東証との合併観測に株価は「賛成」

8697 日本取引所グループ 株価チャート

 大阪証券取引所(8697・JQS)は急反発。東証との合併観測が今朝の大手経済紙で伝えられ、朝方39万3000円(2万8000円高)まで上昇、前引けも38万8000円(2万3000円高)となった。9月下旬からの戻り相場で高値を更新。観測では、東証が来春にも株式の過半数を取得し、来秋にも合併とされ、大証側は今朝、「こうした内容を決定した事実はない」と発表したものの、株価は「賛成」の動き。国際的な地位の維持・回復に期待があるという。単純に投資対象と見る場合は、8月の高値42万円が当面の上値メドになるとされ、あとは東証による買い付け価格次第との見方だ。

記事中の会社を詳しく見る

日本取引所 (8697)

ページトップ