きょうの動意株

日特エンジ戻り高値、スマートフォン向けコイル装置を材料視

6145 日特エンジニアリング 株価チャート

 日特エンジニアリング(6145・JQS)は後場も堅調で、13時55分にかけては1028円(98円高)。前場は1037円まで上げ、10月初からの戻り相場で高値に進んだ。コイル巻き線装置の大手。4日に発表した第2四半期決算(4~9月)が営業利益35.2%増の20.3億円となるなど好調だった上、スマートフォン向け微細コイルの需要拡大を受け、コイル製造装置を増産と今朝の大手経済紙が伝えたことを好感する相場になった。3月通期の業績予想は、営業利益を前期比28.5%増の33.5億円。第2四半期までの数字とあわせてみると増額含みとの期待がある。テクニカル的には、75日移動平均(直近は1010円)を抜いて終われば強さを増すとされている。

記事中の会社を詳しく見る

日特エンジ (6145)

ページトップ